2010年10月07日

其の三十七 校内球技大会

 9月30日(木)、同窓会校内幹事の先生から「昭和42年卒の卒業記念アルバムが届けられた」と連絡を受け、42年版は資料としては欠けていたものなので早速学校に出かけた。
 学校では、小雨ぱらつく中「校内球技大会」が行われていた。
昔は、一学期末、夏休み前の7月に二日間で実施されていたのだが、いつの間にか「秋の行事」となっていた。
 球技大会が、二日間から一日となったのは、2002(平成14)年
       秋の一日に移行したのは、  2004(平成16)年である。

[桐中時代]
戦前の桐中時代には、例年武道大会が行われていた。
大正7年2月「武道競技会を催す」とある。例年、冬季休業明けから武道の寒稽古が始まり、納会の日に紅白試合等が行われ、また教師と生徒との対抗試合もあり、学校長が大活躍することもあった。
1941(昭和16)年1月 寒稽古 
職員・生徒対抗戦あり 剣道=山下・市川・岸・平野・湯沢教諭
          柔道=加藤・市川・今仁・門伝・中川教諭
          竹下校長の五人掛け
 「校長先生の技益々冴え生徒五人ともたちどころに薙ぎ倒された」と。
球技大会としては、
1940(昭和15)年 6月 校友会野球部主催の野球大会
  学年別対抗4年優勝 教員チームも参加
            11月 体力検定が雨天で中止となり
           組対抗ピンポン大会実施

戦後、昭和21年9月、学年対抗の野球試合が行われた。その結果をみて、生徒を選抜し県下の軟式野球大会に出場、優勝するという快挙があった。軟式野球部の成立でもあった。

[桐高時代]
新制高校の発足した23年11月〜24年・25年の桐高「文化祭」は、音楽祭・学芸大会・運動会などを実施、その中に「球技大会」があり運動会と同様に生徒の出身地区別の「分団」対抗で、野球・庭球・バスケット・卓球等が行われるようになった。
 26年には、生徒会の体育委員会が主催し、学年別クラス対抗で6月下旬野球と庭球が行われた。バドミントン・卓球・バスケット・柔道・体操・継走等は夏休み後に実施されることになったと、学校新聞にはある。
 28年には10月に実施、主に放課後実施、
 29年、2日間 残り3日間は放課後か
 31年度まで実施され、種目は剣道、相撲なども入ったが柔・剣道、相撲などは棄権するクラスが多かったという。二種目も三種目も出る者もいて「これは民主主義ではない 運動を楽しもう 得意で無い者も参加しよう」と。

これらの行事は「校内競技大会」と記されている。他校でも名称は同様。
 32年7月10〜13日には「校内球技大会」が実施
 34年7月7〜10日には「校内競技大会」
 35年7月11〜13日午後、14日「恒例の校内球技大会」実施
 37年6月27〜 変則的に4日間

 39年度から「6月末、或いは7月に二日間で実施する」と、職員会議で議論の末、球技大会を行事として定着させたのである。
 44年に「柔道」が種目として入ったが、80年史は「校内競技大会」の名残かと記すが、この年インターハイが群馬で開催、バドミントンの練習会場となり体育館の補修工事で使用出来ず、種目の変更をしたのである。
 種目としては、この後サッカーも入り、後にハンドボールに代わり水球を実施した年もある。

 この球技大会には教職員チームも卓球、バドミントン、バレー、テニス、ソフトボールなどに参加し、生徒チームと戦い、生徒の審判の判定に教員がクレームをつけ却下されるなどもあった。バスケットなどはまさに格闘技であるから生徒は教員に闘志をむきだし、ソフトテニスには(硬式)テニス部員の参加、ソフトボールには、硬式・軟式野球部員の参加もあり、激しく真剣にそして勝敗にこだわる激戦を展開したものであった。
 この球技大会で最も燃えた先生は、体育の小林孝昭先生(昭和37〜59年3月)であろう。生徒は先生の闘志に圧倒され何かを学んだかも知れない。
テニスでは、鉄人原田こと数学担当原田洋一先生と英文堂こと小野武雄(桐高24年卒)先生の熟年パワーコンビ、体育の萩原正美(桐高30年卒)の変化球サーブは、生徒を圧倒し翻弄したものであった。また事務職員・司書の女性も参加し黄色い声がこだましたものであった。
 各年度の「卒業記念アルバム」にも必ず「球技大会」の写真が取り入れられている。
 平成に入ってからの状況は分からないが、聞くところによると教員チームの参加は、行っていないらしい。そうだとすると、少しばかり残念なことである。授業などでの生徒との触れあいとはまた違い、愉快な楽しい交流であり、生徒の不断見せない諸相を発見したりもできるのだが。
 この9月30日 たまたま桐高での球技大会の場に行ったところ、今年は
ソフトボールで、生徒の優勝チームと教職員チームが試合を行うことになっていると聞いたのだが、お昼前後からあいにく雨が強くなり、果たしてどうなったことであろうか?
posted by 100年史編集者 at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 行事・生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41157227
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック