2010年11月25日

其の四十四 修学旅行B

 新制高校として1948(昭和23)年4月1日 群馬県立桐生高等学校発足。そして、遠足や旅行、関西方面への修学旅行も始まった。
 
 白石正男先生が、昭和29年12月の桐高新聞第31号に「雑感」を寄せている。
1.骨折り損のくたびれもうけ。
 法隆寺の金堂のバックに五十鈴川が流れていたり、渡月橋のたもとに清水の観音様が現れたり…二重写しのフィルムのように混乱して私の方寸のカメラに写っていた…これは遠い昔の私の頭の中にあった修学旅行直後の思い出のアルバムである。(注:白石正男は、昭和6年3月、桐中卒で4年に修学旅行に行っている)。
 昭和28年度春秋を通して新聞に報道された旅行中の事件だけでも枚挙にいとまがないのであるが、根本原因は、平常楽しく学校に通っている時の生徒の心理的な平衡状態を歪めてしまうまでに蓄積された旅行中の日々の疲労であると断ずることが出来るのである。
2.先達はあらまほしきことなり。
 頭になんの予備知識もなく、手に案内書も地図もなければ、或いは居眠りするより仕方ないかも知れない。これでは、誠に兼好法師にも笑われるプアーな旅行者と言わざるを得ない。
3.一生の記念。
 ある国宝建造物の柱にR・Sと、彫り跡が生々しい。その男が成人し新婚旅行で此処を訪れた時 新婦に自分がえぐった事を話すであろうか。老後の信心に数珠を掌に参拝に来た彼は、この文字を拭いさることの出来ないこの心の汚点を前にして、悔悟の涙を流さなければならない。
4.この気持ち分かるでしょうか。
 引率教師の心配は、
「おや!この宿は火事の時 非常口があるだろうか」
「衛生検査は保健所でやっておいてくれたであろうか」
「点呼の時生徒が一人便所に行っているというが、赤痢じゃないだろか」
「夜の自由外出で事故を起こさなければよいが」
「寝相の悪い奴ばかりで、風邪でも引かなければよいが、と懐中電灯つけて見回らなけりゃ」
 こうして、やっと教師は寝床にもぐる時がくる。先生方の話を聞くと
「十人中五人は、丸三日心配の為にウンコが出なくなってしまったとのこと」

 昭和6年3月 桐中卒、在学中は柔道部の猛者。22年6月〜49年3月桐中・桐高在職。その白石先生、40歳の頃の皮肉とユーモアを交えた「雑感」である。
まぁそれほど「修学旅行の引率」は気の休まる時がないのであろう。
酒 しかも急性アルコール中毒、タバコ 最も危険な寝タバコ、仲間うちの喧嘩、門限遅れで外から這い登って他校の部屋に珍入する者、他校生との喧嘩、危険なので奈良土産の「刃物」は一切纏めて学校送りにするなど、恐らく珍奇な事件、危うい事は、枚挙にいとまがないであろう。
 ただ、旅行中の生徒指導上の事柄は、すべて現地にて旅行団が処理し、学校に持ち帰るものではないという不文律が有ったと思われる。もちろん何十年間には、処理出来ず学校に持ち込まれ、顰蹙をかった学年団も有ったとは聞いているが、希有なことであろう。しかし、某女子校の如く、百人を越える飲酒事件で帰校後、その処理が大変で町に噂が立ったような事は、幸いにしてない。殆どの事は現地にて適切に「処理」「消去」されてきているのである。ただ、きわどい事件は、教師の記憶にしっかりと残っているのである。
 誠に教師にとってみれば「修学旅行」などというものは、出来たらやりたくないと思う教師もいる。
しかし、修学旅行の記録となれば、以下のように整理され、悪ガキの自慢話は出て来ない。

 昭和23年6月、「全校で希望別旅行 仙台 箱根・熱海 半月峠越え日光等」と90年史にあるが、出典確認出来ず。80年史では「23年春」。
 24年春、「仙台・松島方面が加えられた」(80年史)
 24年6月3日「全校遠足 赤城、浅間」(○○個人メモ)
24年11月2日〜三年生の修学旅行希望が強く
   伊豆・修善寺方面へ生徒50人前後
   京都・奈良方面へ生徒51人、
 1日に先発隊中澤教諭と生徒6人、2日本隊が金子教諭に引率され出発、車中2泊、旅館2泊し、11月6日に帰桐した。
 見学では、伊勢神宮には寄るが、御陵・聖地等の見学は無かった。
 新制高校の関西修学旅行実施は、多くは翌25年からであったが桐生女子高校がこの年10月18日から三泊四日で実施!しておりその事で桐高生の要望が強まったのかも知れない?
 25年10月6日〜11日 三年生修学旅行実施(26年3卒)
 26年 4月2日〜 7日 この年から3年の4月上旬出発となる。
   往復夜行で実施する。
 30年〜31年往路 朝出発 復路夜行
 32年 往復路 不明
 33年〜40年(34年3卒〜42年3卒) 往復東海道夜行列車
 「座席の下や通路に新聞紙や茣蓙らしき物を敷き、ダスターコートにくるまって寝たり、中には荷物棚に上った奴もいた」

「米持参 一人2升」そして「米を送る」
 米は、持参し旅館に着くたびに、靴下に分けて入れておいた米を出す。
 27年(28年卒)〜32年(33年卒)までは、資料未発見
 33年(34年卒)〜学校に持参に 前もって送る。いつまで行われたか確定出来ず。37年・38年卒までか?
二年生の秋 実施に移行する。
 昭和37年には、春三年生が実施、秋に二年生が実施した。
 太高は33年、前高は34年、高高は38年に、二年に移行した。
四国へ渡り、金比羅様参り
 昭和37年・38年の二カ年は、四国へ渡ったのだが、何故こうした企画が作られたのかは、不明である。
 なお、太高も37年のみ 四国へ渡っている。
新幹線利用
 昭和41年10月 復路 東海道新幹線利用。
 昭和45年5月  往復新幹線利用 大阪万博見学(47年卒)
        四泊(旅館)五日となる。
 往復新幹線利用 関西方面修学旅行は、1970年から1994(平成6)年まで、25年間続くこととなった。
一日自主見学の実施=昭和47年秋
 バスに乗っては降り、乗っては降りでの神社仏閣巡りでは、生徒の自主性や事前学習も進まない。そこで少しでも自由時間を定め、班別の自主見学を取り入れていった。昭和39年には、嵯峨野二時間半の自主見学実施、以降嵯峨野、奈良公園、西の京、京都市内などで大体半日単位で行われ、生徒が班別に朝旅館を出発し夕刻に戻って来るという京都一日自主見学は、昭和47年(49年卒)に遂に実現した。
 生徒は大喜びであったが、教師の方は、県下の高校では二、三の学校が実施しているだけで、マニュアルもなく、事前指導、当日の指導・チェック体制、危機管理等膨大な資料を県に提出すれども却下されたりしたのであった。
当日、見学を終了し3時頃に戻った班が一つ、途中喫茶店で時間を潰した班が一つ、時間に遅れタクシーで戻った班が一つであり、無事事故もなく終わった。
 この一日自主見学は、翌48年〜50年(50年卒〜52年卒)まで実施された。
一日自主見学中止
 1976(昭和51)年9月10日、県教委は各公立高等学校長に教育課長名で「修学旅行の改善について(内簡)」を通知した。
 宿泊を伴う修学旅行におけるグループ見学について基本的配慮事項、留意事項、指導例をあげ、指導の徹底を促した。その中で「見学時間は、一回につき半日以内とし、食事を含まぬこと」とされ、「一日自主見学」は中止となったのである。
 この県の内簡の背景には、自主見学、自由見学の際に若干の事故に遭遇する例があったこと、或いは、当時修学旅行に対してその効果は少ないとする無用論、経費の増大による保護者負担の問題等があったが、最も直接的な背景は、51年8月3日 高崎女子高校一年生2名が草津白根山で、硫化水素吸い込みにより死亡、6日後教諭1名が死亡された事件が起こった。高女万座山の家でのホームルーム研修の際の事故であり、これを契機に旅行や合宿等に県教委は厳しく対処したと思われる。

桐高に於いて京都一日班別自主見学が復活したのは、なんと1998(平成10)年の事である。
posted by 100年史編集者 at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 行事・生活
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41846010
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック